長期休暇が取れた場合はお得な合宿免許にチャレンジ!

合宿免許はどんな内容?

普通自動車・大型自動車・自動二輪車といった運転免許を取得するためには、各都道府県の公安委員会が認可している教習所に通う必要があります。その中でも合宿タイプの教習所は、通学タイプと違って半月程度(普通自動車)の入所期間で卒業する事が可能で、その多くが地方に立地しているのが特徴です。合宿は、教習所近くにある寮・提携ホテルなどに長期滞在して免許取得を目指しますが、入所日から卒業日までの食事と宿泊がセットになっているので、生活面で心配する事はほぼないでしょう。

金額はどうなっているか

合宿免許の費用は、シーズンによって大きく異なっていて、学生の利用が集中する夏休みや春休みは30万円から35万円程度するのが一般的です。学生利用の少ないシーズンに関しては、20万円から30万円程度である事が多く、一部合宿では20万円を切るケースもあります。出来るだけ安く利用したい場合は、2人以上で同時に申し込むのが良く、卒業時などに5千円や1万円をキャッシュバックしてもらえるキャンペーンを活用するのがおすすめです。なお、多くの合宿免許は保証面が充実していて、再教習料金・再検定料金が無期限で掛からない事から、運転面で不安に感じる人であっても、最後まで問題無く教習に臨む事が出来ます。

遠方の合宿免許でも行く事が可能?

合宿免許で気になる事と言えば、遠方に住んでいる人であっても入所出来るかについてですが、例えば、関東地方に住んでいる人は北日本や西日本エリアの教習所で学ぶ事が可能です。ただし、交通費の補助上限を定められている事がほとんどなので、上限をオーバーした場合は自己負担が必要となります。

合宿免許とは、自動車運転免許を取得するために必要な教習課程を、宿舎などに泊まり込む形式で履修することをいいます。短期間で集中的に学習したい人に向いています。