墓地の雰囲気が大きく変わる?花の品種選びやお手入れ方法を学ぼう!

墓地の周りに花を植える理由

故人を弔う場である墓地に花を植える行為は古くから行われていました。綺麗な花を植えることで陰気な雰囲気を払しょくする他、お供え物を食い荒らす虫や小動物を花の匂いで追い払う目的があったのです。現在では墓地全体の雰囲気を明るいものにするため、造園の専門業者によるガーデン化が行われている所が増えています。また、ガーデニング墓地が増えている理由は供えられた切り花が散らかることによる墓地の汚損を防ぐ意味もあります。飲食物だけではなく、切り花も小動物に食い荒らされることがあるためです。枯れた切り花は害虫やカビの発生源になるので掃除が必要になり、非常に手間がかかってしまうのです。

ガーデニング霊園に適した品種やお手入れの方法

霊園に植える花は綺麗で長持ちする物が好まれます。花が枯れて落ちるのは見栄えが悪く、不吉と見なされるためです。そのため、ガーデニング霊園に用いられる花は丈夫な品種が好まれる傾向があります。その一方でガーデニング霊園によってはお墓の参拝者の希望を優先する所もあるので、故人が好きだった品種を植えてもらうことが可能です。しかし、品種によっては害虫が繁殖したり葉や蔓が茂る物があるので周りに迷惑をかけないためにはこまめなお手入れが欠かせません。伸びる時期になったら剪定や消毒を行い、不具合が起きないように細心の注意を払うことを心がけます。本来は業者に任せても問題はありませんが、品種によっては非常に成長が早い物もあるので自主的なお手入れが望ましいのです。

いせやの公式サイト