ガンコな汚れもばっちり落とす!酸洗いで金属製品の輝きを取り戻そう!

酸洗いで得られるメリット

金属製品を強酸性の薬剤で洗浄する酸洗いは油脂や薬品が混ざった汚れの他、サビや溶接焼けを除去できるのが大きなメリットです。通常の洗剤では綺麗に除去することが難しいうえ、ネジや連結部分の狭いすき間に入り込んだ汚れはブラシを使っても落とすことは困難です。酸洗いは強酸の薬剤が様々な汚れを溶解させるので手間がかからず便利です。また、液体の薬剤は狭いすき間にも均一に入り込むので汚れが残ってしまう心配がありません。ブラシを擦ることによる傷の発生も無いことから、金属製品の表面を滑らかに保ちながら汚れを取り除くことが可能です。酸洗い用の薬剤は皮膜を作る効果もあるので、洗浄後に再び汚れがこびり付くのを防ぐことができます。

薬剤の性質と金属の材質を確認することが重要

金属の汚れ落としには酸洗いが最適、というイメージがあります。酸性の薬剤による溶解効果は洗浄作業の効率化に繋がりますが、その一方で金属製品そのものにも影響を及ぼすことを忘れてはいけません。金属の材質によっては特定の薬剤に反応してしまい、腐食や変色などの不具合に見舞われるおそれがあります。また、塗装を施している製品は塗装面が傷む可能性があることから、酸洗いを行う際は使用する薬剤の成分を必ず確認しなければいけません。場合によっては一部の部品を取り外したり養生を施す必要に迫られるので、金属の材質についても確認することが重要になります。同じ薬剤でも濃度や量で金属製品への影響が変わってくるので、酸洗いの際は薬剤の調節に気を配ることが大切です。

酸洗いとは、金属製品に付着しているスケールという酸化皮膜を取り除く作業で、溶接の際に出るサビや焼けなどを防ぐことができます。